住宅などの塗替えで使用される塗料にはたくさんの種類があります。

今回はその中から、「溶剤系塗料」についてお伝えします。

外壁塗装において、溶剤系塗料は一般的に使用される塗料の一種です。

この種の塗料は、有機溶剤を主成分としているため、乾燥が迅速で、耐候性が高く、様々な気象条件に対応できる特徴があります。 

まず、溶剤系塗料の中でも代表的なものにはアクリル系、ウレタン系、エポキシ系などがあります。これらの塗料は、それぞれ異なる特性を持っており、適した用途によって選択されます。

例えば、

アクリル系は通気性があり、外壁に適しています。一方で、ウレタン系は耐久性が高く、エポキシ系は硬化性が強いため、床や特殊な場所に使用されることがあります。 

溶剤系塗料の利点としては、塗布後の硬化が迅速であることが挙げられます。これにより、施工後すぐに雨が降っても比較的影響を受けにくく、工期の短縮が可能です。

また、耐候性や耐久性が高いため、長期間にわたって外壁を保護することが期待できます。  一方で、溶剤系塗料には有機溶剤を含むため、揮発性があります。そのため、換気が不十分な場所での使用は避けるべきです。 また、環境への影響や安全性の観点から、水性塗料が求められることもあります。