建物を塗装する際、艶ありと艶なしの塗料が選択肢としてあります。これらの塗料にはそれぞれ異なる特徴があり、使用する場所や好みによって使い分けられます。今回は艶あり・艶なし塗料の違いについてお話していきます。

艶の種類

まず、艶(つや)には大きく分けて、艶あり・7分艶・5分艶・3分艶・艶なしの5種類があります。艶は光沢の度合いを指し、艶ありは光沢や厚み感があります。一方で、艶なしは光沢がなく、つや消しの質感を持っています。

艶ありの特徴

艶ありの塗料は、光沢があるため、表面が滑らかでつややかな仕上がりとなります。これにより、光の反射が強く、色も鮮やかに見えます。また耐久性が高く、汚れや湿気にも強い傾向があり外壁の塗装に人気があります。その他、玄関やリビングなど目立つ場所に使用されることも多いです。

艶なしの特徴

一方で艶なしの塗料は光沢がないため、マットで柔らかい質感があります。表面の凹凸が目立たないため、傷や汚れが目立ちにくいのが特徴です。艶なしの塗料は、主に天井や壁の内側など、目立ちにくい場所やシックな雰囲気が求められる外壁に使用されることもあります。

今回は艶あり・艶なし塗料の違いについてご紹介しました。次回は艶ありのメリットについてご紹介していきます。