前回は夏の塗装工事についてお話ししました。今回は秋の塗装工事についてお話しします。秋は気温や湿度の調和が取れ、施工条件が良好なことから、塗装工事を行う理想的な季節とされています。均等に塗膜が形成されやすく綺麗な仕上がりが期待できます。しかし、メリットだけでなくデメリットもあるので注意しましょう。

メリット

1. 穏やかな気温と湿度

秋は夏の暑さが和らぎ、冬の寒さが到来する前の穏やかな気温が特徴です。これにより、塗料が安定して乾燥しやすくなります。また、湿度も適度な範囲に保たれるため、塗膜が均一に形成されやすいです。

2. 過ごしやすい

秋は気温が安定しており過ごしやすい季節になります。工事中は窓を閉め切られエアコンの室外機も覆われますが問題なく快適に過ごしやすいです。

3. 外壁の劣化を防ぐ

夏の紫外線や梅雨の湿度が低下する秋は、外壁などの塗装が劣化しやすい要因が少なくなります。秋に塗装を施すことで、建物を冬の厳しい寒さや湿度から守り、耐久性を向上させることができます。

デメリット

1. 天候の不安定さ

秋は天候が不安定なことがあります。急な雨や風などが発生する可能性があるため注意が必要です。

今回は秋の塗装についてお話ししました。次回は冬の塗装工事についてお話しします。