『住宅を塗装したら10年で工事を行わなければいけないのか?』外壁の塗装は約10年と言われていますがそれには訳があります。今回は塗装工事が10年と言われる理由についてご紹介していきます。

●塗装工事の頻度は必ず10年で行わなければいけないのか?

答えは、必ずではありません。塗料の種類によっては耐久性が10年以上のものも存在します。周囲の環境によっても劣化の仕方は様々ですので塗装工事の頻度には住宅によって異なります。

●10年と言われるのはなぜ?

・シリコン塗料が主流だから

現在人気な塗料で住宅塗装に選ばれやすい塗料はシリコン塗料になります。耐久性は8年から10年と言われており最長10年で寿命が来ます。そのため塗装工事が10年と言われる理由の1つになります。

・新築を塗装する場合10年で劣化が見られやすくなるから

新築の塗装はアクリル塗料やウレタン塗料などの耐久性が低いものが使用されていることが多く10年経つと外壁にチョーキングやカビ・コケなどの繁殖が見受けられやすいため10年と言われています。

今回は塗装工事がなぜ10年と言われているのかについてご紹介していきました。次回は10年で塗り替え工事を行うとどんなメリットがあるかについてご紹介していきます。