外壁が劣化しだした時に現れる症状の中に「チョーキング」という劣化現象が起こります。
これは塗膜の表面にある樹脂(紫外線や雨などの劣化要因から外壁をバリアする成分)が失われ外壁がダメージを受けやすい状態になっています。今回はチョーキングについて詳しくご説明していきます。

チョーキングとは
チョーキングは外壁に触れると白い粉が手に付くことが特徴的で、塗料の成分である顔料(色の粉)が剥き出しになっている状態です。この時に手に付着する粉は顔料になります。

●チョーキングが引き起こすトラブル
・防水効果がない⇒チョーキングが起こっている塗膜は表面がスカスカの状態のため雨水や湿気などの水分を吸収しやすくなっています。そのため、カビやコケの原因となり外壁材を傷めてしまいます。

・劣化の進行⇒塗膜がチョーキングを起こすと劣化要因から外壁を守れなくなってしまうため、紫外線や太陽光の熱などで外壁材まで劣化が進行してしまいます。劣化が進み建物が脆くなると修復工事が必要になってしまいます。

・美観が損なわれる⇒塗膜が劣化し、色褪せが目立つため美観が損なわれてしまいます。艶のある塗料を使用している場合は艶が消えることがあります。

今回はチョーキング現象についてご説明しました。ぜひ住宅の塗り替えの目安として考えて頂けたらと思います。