外壁を劣化させる紫外線について今回はお話しします。外壁が劣化する原因として紫外線がありますが、実際どんなトラブルが起こるかご存じですか?紫外線からのダメージを抑えるために私たちは日焼け止めを塗ったり、日傘を使用したりしますが外壁も同じで外壁塗装で紫外線の影響を抑えています。

以下にどんな影響があるのかを見てみましょう。

 

  • 紫外線の影響

・塗膜が破壊される

紫外線が当たり続けると徐々に塗膜の構造が破壊されてしまいます。特に塗料の成分の1つである顔料には酸化チタンが含まれており、紫外線に化学反応を起こします。それが原因でラジカル(劣化因子)を発生させ、塗膜を破壊させる物質を作り出してしまいます。

 

  • 紫外線で起こる劣化症状

・色褪せ⇒色褪せは外壁の色が薄くなる症状で、塗膜表面が傷ついた状態です。くすんだ色に変色し、美観にも影響が出ます。

 

・チョーキング⇒塗膜の樹脂が失われ、外壁表面に顔料が出てきてしまう症状です。触れると手に白い粉が付着し、防水・保護効果が失われた状態になっています。

 

・塗膜の割れ、剥がれ⇒劣化が進行すると塗膜に柔軟性が無くなり衝撃に弱くなってしまいます。そのためひび割れや塗膜の剥がれが起こりやすく外観が損なわれ、外壁材が傷みやすい状態になってしまいます。

 

 

今回は紫外線が外壁に与える影響についてお話ししました。