おそらく皆さんは、ご存知かと思いますが、塗膜が劣化する主な原因として紫外線や雨、雪などが挙げられます。しかし、実はこれ以外にも塗膜や外壁材を傷める要因が存在しています。今回は、そのような塗膜の劣化原因について紹介していきます。

【塗膜を劣化させる要因】

①0度以下の凍害⇒気温が0度以下になると、塗膜が凍結しやすくなります。昼と夜の温度差によって、塗膜が凍結解凍を繰り返すことで膨張や収縮が生じ、膨れやひび割れが起こりやすくなります。

 

②太陽の熱⇒太陽の熱も塗膜の劣化原因の一つです。外壁は太陽の熱を吸収しやすく、樹脂を傷つけます。また、太陽には紫外線が含まれています。塗膜内の顔料が紫外線に反応し、ラジカルと呼ばれる劣化因子を発生させて樹脂を破壊します。

 

③自然災害⇒自然災害も塗膜の劣化を引き起こします。地震や台風による地面の揺れや強風、雨は外壁にひび割れを引き起こし、雨水が浸透してカビや外壁材の腐食を招く可能性があります。

 

 

住宅は常に劣化要因に囲まれながら室内を守るため、いつまでも健康な状態にしておきたいものですよね。今回は住宅を劣化させてしまう要因についてご紹介しました。