前回、断熱塗料のメリットについてお話をしていました。外部の熱を室内に伝えづらくさせるメリットのある塗料ですが、デメリットも存在することもご存じでしょうか?

今回は断熱塗料のデメリットについてお話ししていきたいと思います。

 

~断熱塗料のデメリット~

*職人によって仕上がりが左右する→断熱塗料は扱いが難しく職人の腕によっては仕上がりの良し悪しが出やすい塗料になります。中には扱い慣れていない業者や断熱塗料自体を扱っていない業者もいるため注意が必要です。事前に実績のある業者か確かめることで安心して施工を行うことができます。

 

*価格が高い→断熱塗料には劣化に強い無機物が含まれており、高価な塗料となります。そのため初期コストが高く、工事金額が他の塗料に比べ高額になりやすくなります。

 

*住宅によって効果が出ない→断熱材が使用されている住宅や白い屋根の建物などには断熱効果が感じられないケースもあります。断熱塗料での施工をご希望の場合は、ご自分の住宅に断熱塗料が合っているか業者と相談すると良いでしょう。

 

 

今回は断熱塗料のデメリットについてお話ししました。いかがでしたか?断熱塗料がどんな塗料なのか知って頂けましたでしょうか?皆さんの参考になれば幸いです。