ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

環境に優しいとお勧め塗料・水性塗料について

外壁塗装に使われる塗料は水性塗料と油性塗料の2つに分かれます。

今回は【水性塗料】についてご紹介します。

塗料は、「顔料・樹脂・添加物・硬化剤・溶剤」からできています。そのうち個体である顔料・樹脂・添加物を液体によって溶かし、壁に塗布してから液体を蒸発させることで素材を壁に密着させます。このプロセスで使用される液体が水である場合、「水性塗料」となります。参考までにこの液体がシンナーなどであれば「油性塗料」になるわけです。

水性塗料の特徴

水で希釈されるため、特有のシンナー臭がなく、環境にやさしい塗料です。VOC(揮発性有機化合物)削減により環境にやさしい塗料の開発、進化により生まれました。シンナーを使わず、水で希釈する特性により、溶剤塗料に比べて大幅なVOC削減が実現しています。  水性塗料は無臭かつ安全性が高いですが、完全に無臭ではないため、換気が必要です。

また、現場での保管がしやすく、害が少ないので置いておいても危険が少ない。油性塗料よりも価格が少し安いのも特徴の一つです。

参考までに

最近では、油性塗料と水性塗料において、性能や耐久性に大きな差がなくなってきましたが、油性塗料はやはり、臭いや価格の面で課題が残るため、メーカーは水性塗料の開発に注力しています。水性塗料は人体や環境に対する害が少ないため、その利用を希望する人々が増えているのが現状です。