ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

外壁劣化のサイン【チョーキング現象】について

皆さん、こんにちわ(*^^*)

本日は外壁劣化のサイン【チョーキング現象】についてお話をさせて頂きます!

外壁塗装のサインとしてよく言われるのがチョーキングです。

こちらの写真のように外壁を触ってみると粉状のものが付着する現象のことを指します。

経年劣化が原因で発生し、塗料に含まれる「顔料」という成分が表面に出てきている為粉状のものが付着してしまうんです!

付着の量により劣化の進行具合がわかるようになります(^^ゞ

塗装した塗料や環境によって差は出ますが、おおよそ10年程でチョーキング現象が出てきますので

前回の塗り替えや新築から10年近くなりましたら確認してみてはいかがでしょうか(*^^*)

ただし、外壁の種類によってはチョーキングが発生しない場合もございますので、その際はプロの目で見てご説明しております(^O^)

チョーキングが出ているから急いで塗装しなければいけない訳ではないのですが

放置をしていると外壁から雨水の侵入を防ぐ事が出来なくなっていきますので、外壁材にまでダメージが与えられ

塗装ではなく大掛かりな工事に発展する恐れもございますので、目安の10年が近くなったタイミングでプロの方に見て頂くことをおすすめします!

ペイントホームズでは劣化診断・お見積りは無料で行ってますので、この記事をご覧の方で私の家は大丈夫かな?

と気になった方は是非ご連絡下さいませ(^^♪

それでは今回は以上となります!

また次回も是非ご覧くださいませ(*^▽^*)