ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

塗装工事に欠かせない下地処理の種類と効果

外壁塗装における下地処理は、美観と耐久性を確保するためにとても重要な工程です。

また、外壁に付着するさまざまな汚れを取り除き、新しい塗膜が確実に密着するための土台を作るためには必要不可欠です。

下地処理の種類と効果

【高圧洗浄】

外壁表面の汚れや藻、カビなどが除去されます。高圧洗浄によって、塗料が外壁にしっかりと密着し、美しい仕上がりが期待できます。

【ケレン作業】

外壁の塗膜や古い塗料をヤスリや工具で丁寧に削り取る作業です。これにより、新しい塗膜が均一かつ確実に外壁に付着し、耐久性が向上します。 

【シーリング作業】

窯業系サイディングなどの場合、目地部分のシーリングが劣化し、ひび割れや剥がれを起こします。新しいシーリングを充填することで、建物内部へ水の侵入を未然に防ぎます。 

【クラックや傷の補修】

外壁の強度が確保され、塗膜が剥がれるリスクが低減します。建物の耐久性が向上し、長期的な健全性が確保されます。

【欠損部分の補修】

強度と接着性に優れた樹脂モルタルを使用して、欠損部分や鉄筋爆裂部分の補修を行います。外壁全体の均一性を保ちます。 

【塗膜剥離】

既存の塗膜を完全に除去する工程です。建物の外観を美しく保つだけでなく、同時に躯体を保護するための工程でもあります。これによって、新しい塗膜がしっかりと付着できます。 

これらの下地処理工程を丁寧に実施することで、外壁塗装の効果が最大限に発揮され、美しさと耐久性が両立します。外壁塗装を考える際には、専門の塗装業者に相談し、確かな技術で下地処理を行ってもらうことが重要です。