ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

10年の塗装で住宅に現れる効果とは?

住宅塗装がなぜ10年と言われているのかを前回お話していました。塗料の種類や周囲の環境で工事の頻度は様々ですが、実際10年おきに工事をするとどんな効果が現れるのでしょうか?今回は10年おきの塗装工事についてどんなメリットがあるのかお話ししていきます。

◎10年おきの塗装工事を行うと

①劣化を抑える⇒10年おきの定期的な工事は大きな劣化や損傷が見られないため綺麗な状態を維持することができます。大きな劣化を防ぎ住宅の寿命を延ばします。

②美観の維持⇒定期的に塗り替えることで美しい外観を維持することができます。カビや汚れの付着を防ぐことができ美観の維持が可能です。

③工事のコストを抑える⇒塗装工事金額が高くなる大きな原因として劣化が激しく修繕工事が必要になるということです。10年おきに工事をすることで、この様にプラスで料金がかかってしまうことを防ぎます。

④防水効果の維持⇒塗膜の防水機能は経年劣化や気候などで失われてきますが、定期的に塗り替えることで防水機能も維持できます。雨水の侵入や外壁材の腐食を防ぐことができます。

10年おきの塗装は外壁を長期間保護できるためメリットが沢山あります。今回は10年おきの塗装工事についてメリットをお伝えしました。