ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

劣化の進行が促進される!?外壁の劣化を放置すると美観以外にも住宅自体が脆くなる?

カビ・コケの発生、ひび割れや塗膜の剥がれなど、外壁の劣化には見た目が損なわれる症状が多く見られます。塗装工事は外壁を美しく見せるだけでなく外壁材が脆くならないために保護する目的があります。

皆さんは定期的に外壁塗装を行っていますか?塗装工事を行わずそのまま劣化した外壁を放置すると外壁に大きなダメージを与えてしまいます。以下にどんなトラブルが起こるかをまとめてみました。

①美観が損なわれる⇒外壁の劣化は目に見える劣化現象が多いため、そのままにしておくと外観が酷く損なわれてしまいます。カビやヒビだらけの外壁になり印象が悪くなってしまいます。

 

②防水効果が失われる⇒塗膜は経年劣化により防水効果が失われていきます。雨、湿気から外壁材や室内を守る塗膜ですが劣化したままでは水分を吸収し、外壁材を腐食させたり、雨漏りを起こす原因となってしまいます。

 

③住宅の構造が傷む⇒劣化した塗膜は本来の機能を発揮しないため、紫外線や雨水の影響で住宅の構造が傷み建物の耐久性が失われていきます。住宅が脆くなるため地震などの揺れにとても弱くなります。

 

④補修工事が必要になってくる⇒外壁の劣化が悪化すると塗装工事だけでなく補修工事も必要になってきます。かかる金額も大きくなってしまいます。

 

 

今回、劣化した外壁を放置すると起こるトラブルについてお話ししました。上記のようなトラブルが起こらないためにも定期的な塗装工事を行いましょう。