ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

コンクリート壁に似たALC外壁の特徴

外壁にはサイディング、モルタル、コンクリート、レンガなどの沢山の種類があります。今回ご紹介するALCも外壁材の1つでコンクリートに似た外壁になります。以下にALC外壁の特徴についてお話ししていきます。

 

【ALC外壁とはどんな外壁材?】

ALC外壁はコンクリートの一種で気泡を含ませた外壁材になります。コンクリートと違う点は軽量で扱いやすいところです。遮音性に優れており、住宅以外にもビルの外壁にも使用されます。

〇ALC外壁の特徴

⓵遮音性が高い⇒ALC外壁の内部には気泡が含まれているため、遮音効果があります。これにより、外部からの騒音を防ぎ、同時に室内の音が外部に漏れにくくなります。

 

⓶燃えにくい⇒ALC外壁は火に強く燃えにくい特徴があります。万が一の火災などがあっても有害ガスや煙が出にくくなっています。

 

⓷室内環境を守る⇒ALC外壁は中に含まれている気泡によって空気の層が作られるため、外の熱が伝わりにくく、室内の熱を保ちやすい遮熱性があります。年間通して冷暖房の節約になります。

 

今回はALC外壁の特徴についてご紹介させて頂きました。コンクリートの一種ではありますがコンクリートより扱いやすく沢山の機能もありますので人気な外壁材になります。次回はALC外壁のメリットについてご紹介していきます。