ペイントホームズ
筑紫野・小郡店

アクリル塗料の特徴と外壁塗装への利用メリット・デメリット

アクリル塗料は、アクリル系の合成樹脂が主成分の塗料であり、主に外壁塗装に利用される塗料の中で最も経済的な選択肢です。その特徴を理解し、使いどころを見極めることで、コストを抑えつつ効果的な外壁塗装が可能です。

特徴

アクリル塗料の主成分はアクリル系の合成樹脂であり、単価が比較的安価です。発色が良く、塗りやすいというメリットもありますが、同時に耐久性が低いという弱点も存在します。

メリット

単価が安い: アクリル塗料は他の塗料に比べて単価が安いため、予算に制約がある場合にはおススメです。

発色が良い: 豊富なカラーバリエーションと優れた発色が、外壁に鮮やかな仕上がりをもたらします。

塗りやすい: 扱いやすさがあり、DIYにも向いています。

デメリット

耐候性が低く劣化が早い: 長期にわたり建物を守るには向かないため、頻繁な塗り替えが必要です。

ひびが入りやすい: 外部の影響に弱く、塗膜が硬くなるためひび割れが発生しやすい特性があります。

浸透性が良すぎる:アクリル塗料は浸透性が高く、汚れをはじく効果が限られています。そのため、定期的な掃除が必要でないと外壁が徐々に汚れ、建物全体の印象が悪くなる可能性があります。

アクリル塗料の適用シチュエーション

アクリル塗料は、以下のようなシチュエーションで有効に利用されます。

新築の塗装: 新築の建売住宅では、将来の塗り替えを前提に外壁塗装が行われ、特にコスト削減を重視した場合、アクリル塗料がよく採用されます。

頻繁な塗り替えたい場合: イメージチェンジなどで頻繁に塗替えをしたい方には値段が安く発色もいいためおススメです。

内装の塗装: 雨風にさらされることがなく耐候性が求められない内部空間での使用が適しています。

アクリル塗料は、扱いやすくDIY などには向いていますが、耐久性は他の塗料に比べて劣るため、外壁塗装などで使用する際には、目的を決めて使用することをお勧めします。